栄養学
栄養素について

3大栄養素は、糖質・脂質・タンパク質です。これにビタミン・ミネラルを加えたものが5大栄養素です。
糖質とタンパク質は1g当たり4キロカロリー、脂質は9キロカロリーのエネルギーを発生させます。タンパク質はエネルギー源より、細胞・ホルモン・遺伝子・酵素などの構成成分として優先的に利用されます。

タンパク質(アミノ酸)

約20種類のうち8種類は人体で合成できません。これを必須アミノ酸と呼びます。

脂質は3タイプ

脂肪、リン脂質、コレステロールの3つのタイプがあります。脂肪酸のうち体内で合成できないリノール酸、α-リノレン酸、アラキドン酸を必須脂肪酸と呼びます。

糖質と食物繊維

糖質は消化されてエネルギーになる。食物繊維は人間の体内では消化されずエネルギーになりにくい。

ビタミン・ミネラル

ビタミンは、炭素・水素・酸素・窒素などを含んだ有機化合物です。13種類あります。
ミネラルは、鉄・カルシウムなど元素記号で表されている物質です。微量で重要な働きをします。これらの栄養素はバランスよくとることが大切です。