ダイエットの種類
ガジュツダイエット

皆さんは「ガジュツ」をご存じですか?
古くから薬草や漢方として使われてきたガジュツは、体に様々な効能をもたらしてくれます。
近年は健康食品としてだけではなく、ダイエット食品としても注目されています。
販売されている商品としては、主に粉末状と粒状のものがあり、粉末状のものは お好きな飲み物に混ぜていただくと飲みやすくなっています。

「ガジュツ」とは

ガジュツ(莪朮)とは、ショウガ科ウコン属に属する多年生草で、根の部分が利用されます。
日本への渡来の歴史は不明ですが、古い文献によると 薩摩藩主島津義弘公が1603年(慶長8年)、種子島家の16代当主 種子島久時公にガジュツの薬方を伝授したとの記録があるようです。
以来、明治に至るまで種子島・屋久島の重要な産物(御禁製品)として扱われていたようです。
初夏(6〜7月頃)に花をつけるため「夏ウコン」、また、包葉の色や根茎の切り口が紫色であることから 「紫ウコン」とも呼ばれています。

ガジュツの産地

現在栽培されているガジュツは、インド、中国(広西,四川が主なる産地。そのほか雲南,広東,福建,浙江,台湾など)、スリランカ、バングラデシュ、インドネシア、などで、また日本でも屋久島、奄美大島、沖縄などの一部で栽培されています。

主な成分と効能

シオネール
血のめぐりを良くし、コレステロール値を下げる作用があります。
胃液や胆汁の分泌を促進する健胃作用があり、同時に殺菌・防腐作用もあります。

アズレン
きわめて優れた抗炎剤として知られていて、肝臓の働きを高める、血圧を降下させる作用等があります。
また、胃腸に働きかけ、短時間で老廃物を排出します。

カンファー
血行促進作用や鎮痛作用、殺菌、防腐作用があり、集中力を高める効果もあります。